クラシックなシェイプに独創性をプラスしたMarni(マルニ)のショルダーバッグ。
その中でも、登場から変わらない人気が継続中のマルニの『トランクバッグ』は、ブランドのアイコンバッグです。ファッションモデルや芸能人にも愛用されており、インスタグラム上にも度々登場、紹介されています。

インスタでMarni(マルニ)のバッグを紹介した芸能人

  • 2016年09月:星 玲奈 さん(POCKET)
  • 2016年01月:中村 アン さん(TRUNK)
  • 2015年09月:滝沢 眞規子 さん(TRUNK)
  • 2015年07月:長谷川 潤 さん(TRUNK)
  • 2015年01月:ローラ さん(TRUNK)

Marni(マルニ) ショルダーバッグの通販一覧

Marni(マルニ)バッグ 人気の秘密

上質の素材で作られており、カラーバリエーションも豊富。毎シーズン新たなタイプが登場しているのも人気が続いている理由の一つです。
延長ストラップを伸ばせばショルダーバッグとしても使えます。外ポケット付き、ものの出し入れもしやすく使い勝手の良さも文句なしの優秀バッグです。

Marni(マルニ)のバッグを紹介した芸能人

滝沢 眞規子さん

お祭り✨

滝沢眞規子さん(@makikotakizawa)が投稿した写真 –

滝沢眞規子さん愛用のモデルは、落ち着いた雰囲気のブルーのミニトランク。ベージュのトップスによく映えますね。
荷物はコンパクトにまとめたいお祭りシーンにもマッチして、より一層お祭りが楽しくなりそうです!


— Marni(マルニ)の、Trunk ショルダーバッグ(ブルー)。折りたたみ式クラスプ留め開閉、ゴールドトーンの金具、コントラストの効いたパイピング、調節可能なショルダーストラップ、アコーディオン構造の収納スペース、内側にファスナー付き収納ポケット、内側にロゴパッチ。レザー製。

ローラさん

Don’t splash me! #ootd #muveil ギズモだよぉ( oˆoˆo )

ROLAさん(@rolaofficial)が投稿した写真 –

一瞬どうしてもギズモに目が奪われてしまいますが(笑)、それにも負けない存在感のピンク×黒のバイカラーミニトランク。
ギズモとは相容れない気がするのに、モデルがローラだからなのか妙にしっくりきています。

バイカラー、マルチカラーは個性を出したいオシャレさんにおすすめです。


— Marni(マルニ)の、Trunk ショルダーバッグ ミニ(マルチカラー)。折りたたみ式クラスプ留め開閉、カラーブロックのデザイン、調節可能なショルダーストラップ、シルバートーンの金具、アコーディオン構造の収納スペース、内側にファスナー付き収納ポケット、内側にロゴパッチ。カーフレザー製。

長谷川 潤さん

Modern 70's kind of mood😏✌🏼️ @marni.official @patcharavipa

Jun Hasegawaさん(@liveglenwood)が投稿した写真 –


長谷川潤さん愛用のデザインは、贅沢なニシキヘビとレザーで作られたモデルです。
ヘビ革がお好きな方は必見。爬虫類革好きなら、クロコ型押しデザインもおすすめです。

マルニ Marni ミニ トランク Python レザー ショルダー バッグ ショルダー バッグ

星 玲奈さん

星玲奈さんの愛用バッグは『POCKET』バッグ。カーフレザー製で、2つのクラッチバッグを合体させたバンドリエーラバッグです。
外ポケットはTRUNKと同じメタル金具で開閉するデザインになっています。
メタル製のチェーンと機能性素材のショルダーストラップの持ち手がこれまたオシャレですね。


— Marni(マルニ)の、ダブルコンパートメント ショルダーバッグ(ブラック&チェスナッツブラウン)。トップファスナー、2色デザイン、ゴールドトーンの金具、前面にフラップポケット、チェーンのショルダーストラップ、内側にパッチポケット、内側にロゴパッチ。レザー製。

ブランド紹介

マルニ(MARNI)は、イタリアの有名な毛皮メーカー「CiwiFurs」の社長婦人であるスイス人デザイナーのコンスエロ・カスティリオーニが 「自分が本当に着たいものを、自分の手で作りたい」という思いから立ち上げたファッションブランド。
少女らしさ&上質手作り感の毛皮・革製品が魅力で、シンプルでありながらも柄やカラー使いの斬新なデザインでファッショニスタを魅了します。
素材は麻や綿、絹といった天然系が中心。ヘビー・ウールジャージーとシルククレープといった異素材の組み合わせがフォークロア的な温もりを感じさせます。レザーにブローチ、チェーン、ピンバッジなどの金属素材を合わせるコンビネーションが得意技。
異なるテイストを混ぜることによって温もりやソフトさを作り出すというミスマッチ的な仕掛けがマルニの隠し味です。